エクセル家計簿

エクセル家計簿が続かなかった人にお勧め(無料テンプレートを配布します)

この家計簿は、A4用紙に印刷して使用することができ、感覚的に使える家計簿です。

エクセル家計簿は仕様に慣れるまでが大変、もっと手軽に家計簿をつけたいという方にお勧めです。

家計簿の特徴

この家計簿は既にブログで配布しているなりたい自分家計簿ガントチャート家計簿を合わせたエクセル家計簿です。

なりたい自分家計簿

お金の優先順位をあらかじめ決めて、毎月の使える金額を把握する。

収入ー(税金+貯蓄+自己投資+固定費)=変動費

ガントチャート家計簿

工程表などで使われるガントチャートを家計簿に応用

項目別に記入するので、振り返りが楽にできます。

  • 費目は自由に設定できる
  • 月ごとにシートが設定されており、入力が簡単
  • お金の優先順位が分かる
  • 1週間の合計が自動入力されるので、予算の修正がしやすい
  • NMD(ノーマネーデー)は色付けされる
  • A4用紙に印刷して使用できるので、手書き家計簿としても使用可
  • 毎月の項目ごとに円グラフが表示され、使いすぎている項目が分かる
  • 1年の特別費を費目別に入力できる
  • 毎月の収支を一覧、グラフで表示され月ごとの推移が一目で分かる

エクセル家計簿を始める手順

環境設定

  1. 収入
  2. 税金
  3. 貯蓄
  4. 固定支出
  5. 変動費

まずは費目の設定をします。

特別費は別のシートで管理します。

特別費

特別費とは毎月は発生しないが特別な支出でイベント費や年払いの費用など金額が大きいものを設定してください。

月ごと、費目ごとに設定できるので、振り返りがしやすいです。

毎月の設定

環境設定で設定した費目が毎月のシート(1月〜12月)に設定されいています。

収入、税金、貯蓄、固定費、特別費の実費を変動費には予算を入力します。

自己投資は内容と実費を入力します。

特別費で入力した金額が特別費合計の欄に自動入力されます。

変動費の予算は、今月のまとめの今月の予算(収入ー(税金+貯蓄+自己投資+固定費+特別費)を参考にして下さい。

変動費は、下のガントチャートに費目別、日にちごとに記入していきます。

費目名は環境設定で設定した内容が自動で入力されます。

一番下に合計金額が自動で入力され、ノーマネーデーには色がつきます。

変動費の1週間毎の合計が集計されます。(2021年のカレンダーに基づいて設定しています)

毎月の税金、貯蓄、自己投資、固定費、特別費、変動費を円グラフで比率を表示しています。
どの項目が多かったのか(改善ポイント)が一目で分かります。

年間の推移

目標を記入する欄があるので、資産目標を設定します。

セルC4のフィルタを選択して空白セルまたは0のチェックを外して下さい。

毎月の項目で入力した内容が反映されており年間の推移をグラフで確認できます。

印刷して使用する場合

A4用紙に横向きで印刷できます。
1枚に収まらない場合は、印刷範囲でプリント範囲の設定をクリックしてください。
円グラフは印刷されません。

環境設定であらかじめ費目を設定してから印刷をすると、費目を記入する手間が省けます。

  • エクセル家計簿or手書き家計簿どちらかを使用する
  • 手書き家計簿として使用して、あとでエクセル家計簿に転記する
  • エクセル家計簿として使用して、振り返りとして印刷して使用する

ご自身が一番つけやすい方法で続けてみてください。

ダウンロードはこちらから

エクセル家計簿にサンプルシートが含まれています。

ダウンロードボタンをクリックすると無料でダウンロードできます。

このエクセル家計簿は2021年のカレンダーに基づいて作成されています。

【2021年2月22日 追記】毎月の週合計の計算に誤表記がありましたので修正しました。
既にダウンロードした方は申し訳ありませんが、再度ダウンロードして週合計以外の箇所をコピーして貼り付けてご使用ください。