エクセル家計簿

「なりたい自分エクセル家計簿」無料テンプレートを公開します

貯蓄を増やす方法は、

  1. 収入を上げる
  2. 支出を減らす

この2択しかありませんが、家計簿に記録する方法のほとんどが支出を減らすことにフォーカスしています。

そこで、収入を上げるための家計簿をエクセルで作成してみました。

この家計簿の特徴は、先取り自己投資ができる家計簿です。

残ったお金で貯蓄するよりも先取り貯蓄をした方がお金が貯まりますやすいように

自己投資も後回ししないで、先取りで予算を確保する仕組みです。

収入を上げる前にまずはなりたい自分をイメージしてみましょう!

目標なく収入を上げようとしても挫折してしまいます。

収入を上げるためには、リスクを取らなければなりませんが、なかなか難しいですよね。

私もなるべく費用をかけずに(リスクをとらずに)無料で済ませようとしていましたが、やはり先に費用をかけてしまった方が知識として身に付くと感じました。
(高額な商品ほど良いとは限りませんが・・・)

そこで少しずつ自己投資を増やしていって、一年の推移が一目で分かるようにしました。

このなりたい自分家計簿を1年記録が終わる頃には、自己投資が少しずつ増えて、知識が身に付いたことを実感していただけると嬉しいです。

なりたい自分家計簿の内容

まずは優先順位を決める

  1. 貯蓄
  2. 自己投資
  3. 固定支出
  4. 特別費
  5. 変動費

収入ー(税金+貯蓄+自己投資+固定支出+特別費)=変動費

変動費は、残りの予算でやりくりします。

優先順位を決めているので、残った予算の変動費の中では浪費を少しぐらいしても構わないと思っています。

浪費を減らすことに注力してしまうと、どうしても自分を追い込んじゃいますよね。

コンビニでスイーツを買ったり、カフェでまったりするのも浪費と思われがちですが、リフレッシュするために自分にとっては必要な時間だったりもします。

先に貯蓄と自己投資の予算を確保しているので、自分を責めずに適度にリフレッシュしましょう。

家計簿の記入方法

環境設定

  1. 収入
  2. 税金
  3. 貯蓄
  4. 固定支出
  5. 変動費

まずは費目の設定をします。

特別費は別のシートで管理します。

自己投資は毎月内容が変わるかもしれないので、毎月の項目で設定して下さい。

特別費

特別費とは毎月は発生しないが特別な支出でイベント費や年払いの費用など金額が大きいものを設定してください。

月ごと、費目ごとに設定できるので、振り返りがしやすいです。

毎月の設定

環境設定で設定した費目が毎月のシートに設定されいています。

収入、税金、貯蓄、自己投資、固定費、変動費、特別費の金額を入力します。

※自己投資は内容も記録

上記の表の下に費目ごとに詳細を記録できる表があります。

左に日付を用意していますが、使用しなくても大丈夫です。

月の支出項目を入すると、円グラフでどの項目がどれくらい多いのかを確認できます。

年間の推移

目標を記入する欄があるので、資産目標やなりたい自分目標を設定します。

セルC4のフィルタを選択して空白セルまたは0のチェックを外して下さい。

毎月の項目で入力した内容が反映されており年間の推移をグラフで確認できます。

なりたい自分家計簿のダウンロード

まずはサンプルを確認したい方は左からダウンロード、原本は右からダウンロードして下さい。

無料でダウンロードできます。

サンプルダウンロード家計簿ダウンロード