エクセル家計簿

一目で分かるエクセル家計簿「ガントチャート式家計簿」無料テンプレートを公開します

家計簿をつけているけど、見返すのが大変ってことありませんか?

記入も簡単にできて振り返りも楽にできるエクセル家計簿を作成してみました。

ガントチャートとは

ガントチャートとは作業するを勧める際に工程を項目別にまとめた表で、スケジュール帳としても使われたりしています。

マンスリーダイアリーに記入する方法もありますが、費目別に記入したいのでガントチャートを採用しました。

ガントチャート式家計簿の特徴

まずは月の予算を立てます。

収入ー(税金+貯蓄+固定支出+特別費)=変動費

  1. 収入
  2. 税金
  3. 貯蓄
  4. 固定支出
  5. 特別費
  6. 変動費

に分けて予算を立てます。

変動費はガントチャートに記入していきます。

合計の欄でNMD(ノーマネーデー)には色がつきます。

家計簿の記入方法

環境設定

  1. 収入
  2. 税金
  3. 貯蓄
  4. 固定支出
  5. 変動費

まずは費目の設定をします。

特別費は別のシートで管理します。

特別費

特別費とは毎月は発生しないが特別な支出でイベント費や年払いの費用など金額が大きいものを設定してください。

月ごと、費目ごとに設定できるので、振り返りがしやすいです。

毎月の設定

環境設定で設定した費目が毎月のシートに設定されいています。

収入、税金、貯蓄、固定費、特別費の実費を変動費には予算を入力します。

変動費の予算は、今月のまとめの今月の予算(収入ー固定費ー特別費)を参考にして下さい。

変動費は、下のガントチャートに費目別、日にちごとに記入していきます。

費目名は環境設定で設定した内容が自動で入力されます。

一番下に合計金額が自動で入力され、ノーマネーデーには色がつきます。

変動費の下にもう一つガントチャートを用意しているので、体調管理など自由に使ってください。

毎月の税金、貯蓄、固定費、特別費、変動費を円グラフで比率を表示しています。

年間の推移

目標を記入する欄があるので、資産目標を設定します。

セルC4のフィルタを選択して空白セルまたは0のチェックを外して下さい。

毎月の項目で入力した内容が反映されており年間の推移をグラフで確認できます。

ガントチャート式家計簿のダウンロード

まずはサンプルを確認したい方は左からダウンロード、原本は右からダウンロードして下さい。

無料でダウンロードできます。

サンプルダウンロード家計簿ダウンロード