家計簿

B/S(賃借対照表)の資産の算出方法について

読者
読者
資産って具体的にどんなものがあるの?
家や車の価値ってどうやって調べればいいの?
Ari
Ari
資産の部は、流動資産と固定資産に分類されます。
ここでは固定資産(不動産や自動車、宝飾品など)の評価方法を解説します。

B/S(賃借対照表)の項目説明

資産の部

BSでは、自分がどのくらい価値のある財を築いており(総資産)、どのくらい他から
お金を借りているのか(負債)、差し引きで純粋な自分の資産がいくらあるのか
(純資産)を整理することができます。

流動資産:1年以内に現金化可能な資産
流動資産に該当する代表的なものは、現金(預貯金)、有価証券(株式、投資信託、債権等)、保険です。
固定資産
:1年以上保有する資産
固定資産に該当する代表的なものは、不動産(土地、建物等)があります。
その他、自動車を保有している場合は、売れば現金化できるので、売却可能評価額が資産になります。
宝飾品やブランド品も固定資産に入ります。

負債の部

流動負債:1年未満に完済予定の負債
流動負債の代表的なものは、クレジットカードや税金の未払い分です。

固定負債:1年以上借入予定の負債
固定負債の代表的なものは、所有する土地や建物の借入部分(住宅ローン)、自動車や奨学金のローンが含まれます。

純資産の部

純資産=資産ー負債

返済不要の資金をどのくらい持っているかが分かります。

固定資産の売却可能価格が分かるサイト紹介

持ち家や、車、宝飾品やブランド品については売却可能評価額を算出しなければ
なりません。

そこで、それぞれの評価額が分かるサイトをご紹介します。
(比較的、簡単に評価額が分かるサイトを選んでいます。)

家の価値を調べる [HowMaハウマ]AIが不動産を無料で即査定
車の価値を調べる カーセンサー
時計の価値を調べる 新品ブランド時計、中古時計の買取見積ならGMT
ジュエリーの価値を調べる  大黒屋
生活用品の価値を調べる メルカリ

保険の解約払戻金額を確認する方法

保険に加入されている方は、解約払戻金の金額を資産の欄に入力してください。

解約返戻金とは「保険の契約を途中で解約した場合に、保険の契約者に払い戻すお金」
のことです。
どの保険でも解約返戻金があるわけではなく、解約返戻金は、「保険の種類」「契約内容」「加入期間」などに応じて決まっています。

保険の払戻し金額の確認方法はこちらから

将来受け取る予定の年金の総額を知る方法

年金は扱いが難しいですが、ここでは平均寿命までもらえる分(65歳から平均寿命までまでの年数×年間の年金金額)として計上します。

  2018年の日本人の平均寿命

男性:81.25歳

女性:87.32歳

出典:日本人の平均寿命

年金の年間受け取り見込み金額は、ねんきん定期便で確認することができます。

※これまでの保険料や加入実績に基づいて作成されているため、今後保険料を払い続けることによって、年金額も増加します。

男性:(81−65)×年間の年金金額=16×年間の年金金額

女性:(87−65)×年間の年金金額=22×年間の年金金額

参考文献:プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?

ねんきん定期便は、年に一度、誕生日月に送付されますが、手元にない方は、
電子版「ねんきん定期便」を利用することもできます。

資産の算出をしてみた感想

今まで、流動資産(現金や預貯金、株式口座)については、なんとなく把握していましたが、固定資産(車やジュエリー、保険、年金)については把握していませんでした。

家は持ち家じゃないので、家の売却価格は調べられなかったのですが、車の売却価格や将来年金がどのくらいあるかを知ることができました。

良かった点は、夫婦で資産状況を共有でき、今後の資産目標や改善点が見えてきたことです。

大変な作業にはなりますが、皆さんも一度試してみて下さい。