自己投資

私がしている健康への投資法

病気になることは、お金の浪費

病気になると、治療代や薬代、病院に行く時間の浪費、病院で別の病気に感染するリスク、仕事の生産性が下がるなど様々な弊害が出ます。

もちろん、気をつけても防げない病気があることは承知していますが、病気を未然に防ぐことが大事になってきます。

では、どうやって病気を防げば良いの?

健康に投資すべき4つの習慣

食事への投資

様々な食事法の本が出版されていますが、継続が難しかったり自分に合わなかったりした経験はありませんか?
さらに適切な食事方法、食事量はその人の体型は性別、年齢によって異なるので、自分独自の食事方法を取り入れることが大切です。

ただし、体に良いからと素材にこだわったりしてみたいけど、食費が高くなるのは躊躇しちゃいますよね。
まずは簡単にできることから始めましょう。

それは、体にとって浪費となる食べ物を投資に変えることです。
具体例:おやつをスナック菓子からナッツ類に変える。
食品を購入する際は、これは体にとって浪費なのか消費なのか投資なのか意識してみて下さい。

健康的な食事方法の基礎知識を身につけることによって、自分にとって最適な食事方法を身につけることができます。
ただし、健康な食事に関する情報は、ネットやメディアでも広く取り扱われているため、惑わされないためのポイントは、エビデンス(科学的に信頼できるデータ)があるかを確認するようにしましょう。

運動への投資

運動が大事なことは、多くの方が分かっていると思います。
しかし、運動する習慣がない方にとっては、緊急性がないがために後回しにしがちですよね。
今日こそはと思ってはみたものの、仕事で疲れてまた明日から頑張ろうって誓った経験はありませんか?
先取り貯蓄をする方が効果的であるように、運動に関しても、初めに運動の時間を設けてしまうことをお勧めします。

睡眠への投資

「睡眠負債」という言葉をご存知ですか?
これは、睡眠の量を借金に例えた表現で、毎日の寝不足が積み重なることにより、様々に疾患を引き起こすことが確認されています。

最適な睡眠時間は個人差があると思います。
自分に合ったやり方を見つけてみてください。

出典:良質な睡眠のための9つの習慣

ストレスと上手く付き合う

まずは、ストレスのサインに気づくことが大切です。

ストレスを減らす基本は、体にとって良い食事と十分な睡眠と適度な運動です。

基本を整えることで対処できるストレスならば良いですが、そうではないケースも多いと思います。
私たちは、自分の好きなことだけをして生きていくことはできません。
だからこそ、「自分を優先させる時間」が必要になります。

いつも周りにばかり気を使ってしまい、本当に自分のしたいことを後回しにしていませんか?

まずは自分の体を知ることが大事

過去の私

  • 平熱が35度前半とかなり低い
  • 運動をほぼしない
  • 栄養の偏った食事
  • 便秘症
  • 極度の冷え性

①食事への投資

栄養学の勉強をして、今までの食事法で足りなかったあるいは摂り過ぎていた栄養素を見直して、食事の改善を行いました。
また病気を未然に防ぐための、免疫力の高い食事方法を取り入れています。

②運動への投資

もともと運動する習慣がなく、ジムに行っても行くのが面倒になって行かなかったり、テニスのサークルに入ったけど、これも続きませんでした。

今は家で手軽にできるフィットネスジムのゲームで、今のところ1ヶ月継続して運動ができています。

続けられる仕組みを作ることの重要性を痛感しています。

③睡眠への投資

睡眠に関しては、7時間から8時間しっかり寝るようにしています。

一時期、6時間睡眠を試したことがあるのですが、だらだらと1日を過ごしてしまったり、睡眠不足からくるストレス、体の不調もあり継続できませんでした。

もちろん、この通りにすれば上記の症状が改善するということをお伝えしたい訳ではありません。

自分の体としっかり向き合うことで、心身ともに健康で健全な生活を送ることが出来ます。