家計簿

手書き家計簿「たまる・ためる家計ぼノートブック」を徹底レビュー

かなり本気の家計簿。目標設定をするので、計画的に貯蓄ができます。
この1冊を使いこなせば家計改善は間違いなくできますが、項目内容が多いため、特に改善したい項目を絞って使用しても良いです。
家計簿初心者は、まずは「1ヶ月のお金の流れを把握する」項目から始めると記録しやすいですよ。
費目は自由に設定できるので、自分でアレンジしたい人にもピッタリ。

商品概要

商品名 たまる・ためる家計ぼノートブック
発行元 永岡書店
判型 B5
ページ数 112ページ
ISBN 9784522630440
価格 500円+税別

 

商品の特徴
  • 累計100万部のロングセラー家計ぼ。
  • 月が決められてないので、いつからでも使用できる。
  • 費目は自由に設定できる。
  • 項目内容が多く、この1冊で家計に関するあらゆる情報を網羅できる。
  • まずはライフプランを設定し、必要な貯蓄金額を明確にするので、目標に向けて計画的に貯蓄ができる。
  • 記入するだけでお金の流れを把握でき、毎月のやりくりの結果が簡単に分かる。

内容一覧

1ヶ月のお金の流れを把握
実際に家計簿をつける前に、お金の流れを把握する
Ⓐ手取り収入ー(Ⓑ自動引き落とし+Ⓒ決まって出るお金+Ⓓ貯蓄)
=やりくりできるお金

わが家の10年ライフプラン
将来発生する出費の時期や金額を把握することで、計画的に貯蓄ができる。

今年の準備資金計画表
毎月の行事、出費予定金額、準備方法など計画を立てる。
別冊付録の特別費の記録でも代用可

貯蓄計画表
一年ごとに5年先までの貯蓄計画を立てることができる。
別冊付録の預貯金の記録で計画通りに進んでいるか振り返ると◎

ボーナスプラン
2回分のボーナスの記録が可能

月間カレンダー

毎日の支出

お買いもの覚え書きMemo
品名、店名や底値情報をメモできる。
複数のスーパーをはしごする方にお勧めです。

🉐情報&Memo
スーパーのお得デーやポイント情報などをメモできる。

年間の収支チェック
年間の収支を一覧で表示できるので収入、支出、貯蓄の推移が一目で分かる。

公共料金などの一覧
公共料金の年間の推移が分かる。
別冊付録では、年間の推移を折れ線グラフを作成できる。

年間の貯蓄額一覧
毎月の貯蓄額の推移が分かる。

冠婚葬祭の記録
月毎に記録ができる。

緊急連絡先&家族のメモ

別冊

ふくふく便利帳2020

年間スケジュール&出費の予定表
年間のイベントや予算を月ごとに記載できるので、1年のお金の流れが把握できる。

特別費の記録
支出だけではなく、お祝い金など収入も記録できて便利。
さらに費目別に記録ができる。

預貯金の記録
銀行口座の残高を定期的にチェックする。

クレジットカード欄
大きな出費があった時など、回数や支払日を記入すると良い。

医療費の記録
医療費(交通費含む)が年間10万円を超えると、その差額の一部が変換されるので、記録をするとあとで確認がしやすい。
明細も一緒に保管すると良い。

保険(生命・医療・傷害)の記録
事前に記入することで、いざという時に慌てなくて済む。

電子マネーチャージメモ

お付き合いメモ
いただいたもの、差し上げたものなどついつい忘れがち。
記録することで、いただきっぱなしを防止できる。

冠婚葬祭メモ
お祝い金や香典の金額など、あとで振り返ることができる。

公共料金グラフ
折れ線グラフが作れるので、推移が一目瞭然

年間ミニ決算
月ごとの収入、支出、貯蓄額を記入する。

コラム
簡単マネー管理術、お金の貯まらない定番ジンクス、家計簿のコツ、簡単なのに美味しい和のおかず、冠婚葬祭マナー、六曜について

家計簿シール

家計簿の項目と別冊付録の内容が被っている箇所(仕様は異なる)が多々あるので、事前にどちらが使いやすいかチェックして使用することをお勧めします。

月間の収支チェック&毎日の支出

見開きで月間スケジュールと収支チェックができる。

月間スケジュールは、NMD(ノーマネーデー)をチェックしてみました。

毎月の収支チェック

収入の欄の隣に、天引きされるもの(健康保険や所得税など)記入する欄があり、改めて天引きされる税金の金額を確認することができました。

支出は、自動引き落としのもの、決まって出るお金(家賃や教育費等)、カードの支払いに分類され、残った金額を貯蓄とやりくりできるお金に振り分けます。
予算や目標貯蓄額を設定するので、月の途中で振り返りがしやすく目標達成につながりました。

毎日の支出

費目は、自由に設定ができます。
項目は個別に記入することもできますが、大変なのでスーパー名を記入して省略しています。
見開き3ページのスペースがあるので、細かくチェックしたい人でも大丈夫です。

今月のやりくり金額を記入する欄があり、毎日残高をチェックできるので、残りの日数の予算が分かり、自制することができました。

こんな方にオススメ

▫️計画的に貯蓄をしたい人

▫️他の家計簿を使用していたけど、物足りなさを感じている人

▫️毎日の支出だけではなく、本気で家計改善を目指している人

▫️家計簿初心者は、まずはライフプランや1ヶ月のお金の流れを把握してから使用すると良い。

→たまるためる家計ぼノートブックをAmazonで探す

2021年版は、9月30日に発売予定です。

変更点

  • 本体価格が、540円+税に変わります。
  • 付録の「ふくふく便利帳」のコラム内容

[追記]

→2021年版のたまる・ためる家計ぼノートブックをAmazonで探す