家計簿

手書き家計簿「かんたん家計簿レース柄」を徹底レビュー

驚くほどにシンプルな家計簿。
固定費と変動費に分類後、費目を設定して、金額と合計を記入するだけなのでとにかく簡単です。
変動費の費目は自由設定ですが、5つまでしか設定できないのでついつい費目が多くなりがちな方にもピッタリ。
またシンプルな作りだからこそアレンジがしやすく、サブの家計簿として活用したい方にもお勧めです。

商品概要

商品名 『かんたん家計簿<A5>』レース柄
販売元 デザインフィル ミドリカンパニー
サイズ A5 163×217×5
JANコード 4902805123938
価格 616円(税込み)

公式ページ

商品の特徴
  • 簡単に記入ができる。
  • 費目は、自由に設定できる(5つまで)。
  • 自由にアレンジができる。

内容一覧

月間の収支一覧表

内容は月間の収支一覧表のみで、42ページ(21ヶ月)あります。

付属品

ジッパーポケット

裏表紙にポケットがついていて、ペンやレシートを収納できる。

毎日の記録

毎日の記録

費目内容は、自由設定です。

食費の他に、費目を4つ設定できます。(全部で5つ)

決まった支出(固定支出)は、右の欄に記入できます。

  1. 住居
  2. ガス
  3. 光熱費
  4. 水道代金
  5. 新聞代金
  6. 電話料金
  7. 携帯料金

空欄スペースもあるので、自由に設定することもできます。

貯蓄は、固定支出として組み込みました。

費目が5項目しかなく、金額と合計を記入していくのでとにかく簡単に記録ができました。

少し物足りなかったので、1週間の合計を費目ごとに計算してみました。

週間ごとの合計が一目で分かり、比較がしやすかったです。

その月の支出項目をすべて記入した後に、

(くりこし+収入合計)ー支出合計=くりこしでどのくらいお金が余ったのかを知ることができます。

こんな使い方も

月間の収支のみでなく、他の使い方もできます。

とてもシンプルな作りなので、アレンジがしやすいです。

以下はサンプルとして作成してみました。

特別費

特別費とは、毎月発生するわけではないけど、特別な大きな出費のことです。

費目の欄には、イベントや美容、被服費などを記入。

金額の欄は、半年分に振り分けてそれぞれ月の合計が一目でわかるようにしました。

特別費をボーナスから補填する方は、メモ欄にボーナスの記録をすると良いかも。

年間収支一覧表

年間といっても、12ヶ月分は入らないので3ヶ月ごとに振り分けてみました。

  1. 収入
  2. 貯蓄
  3. 固定支出
  4. 変動費
  5. 特別費
  6. 支出合計
  7. 収入ー支出

それぞれの項目の推移が一目で分かります。

1年間家計簿を使用した際には、3ヶ月の合計の推移が確認できてモチベーションアップにも繋がります。

クレジットの記録

私は、通常はエクセルで家計簿を入力していますが、サブの家計簿としてこのような使い方をしています。

  • 毎月カードごとやショッピングサイト別に分けて記録
  • プリペイドカードは、いくら入金して何に使用したかをざっくりと記録

 

こんな方にオススメ

▫️家計簿初心者

▫️とにかく簡単に記録をしたい人

▫️サブの家計簿として使用したい人
(アプリやエクセルを使用しているけど、ちょっとした記録をしたい人)

→『かんたん家計簿<A5>』レース柄をAmazonで探す